AGAの原因

薄毛や抜け毛を進行させるAGA(男性型脱毛症)には、多くの原因が考えられます。 その中でも代表的なものが、「男性ホルモン」「遺伝」「生活習慣・ストレス」です。

AGAの原因「男性ホルモン」

AGA(男性型脱毛症)の主な原因として、男性ホルモンの影響があります。男性ホルモンのひとつであるテストステロンが、還元酵素5αリダクターゼにより、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わると、ヘアサイクルに悪影響を与え、髪の毛の薄毛・脱毛を引き起こしてしまうのです。

AGAの原因「遺伝」

「両親や祖父母が薄毛であると、子どもも薄毛になりやすい」という話は、医学的にも立証されつつあります。AGAの原因の約8割が遺伝によるものという説もあるほどです。それは、DNAにより、抜け毛や脱毛を引き起こす還元酵素5αリダクターゼの体内分布が決まってくることに原因があります。

親が薄毛の場合、子どもへ遺伝する割合は、父親が薄毛の場合50%、母親が薄毛の場合75%ともいわれています。両親や兄弟にAGAによる薄毛の症状がみられる方は、ぜひ一度、カウンセリングをお受けください。

AGAの原因 ストレス・生活習慣

頭皮に充分な栄養を送り届けることが、髪の毛の成長には大切です。過剰なストレス、喫煙は筋肉や血管を収縮させ、血の巡りを悪くしてしまう原因になります。また、睡眠不足やバランスの悪い食生活も薄毛を引き起こす要因になります。

健康的なライフスタイルをおくることが、健康な毛髪を育てること。そう心がけて、髪の毛にやさしい生活習慣を身につけてください。

関連記事

  1. AGAの進行パターン

  2. AGAの治療法 発毛・育毛・植毛

  3. AGAとは

  4. 毛周期

    AGAの治療期間と発毛サイクル

  5. ハミルトン・ノーウッド分類

  6. 薄毛の原因