AGAの治療法 発毛・育毛・植毛

薄毛・抜け毛の治療として、AGA治療が一般的になってきましたが、治療法には「発毛」「育毛」「増毛」「植毛」など、さまざまな施術法があります。このページでは、それぞれの違いと治療法についてご紹介させていただきます。

発毛について

発毛とは、ハゲてしまった頭皮を改善することで、再び髪の毛を生やす治療のことを指します。

発毛の施術

頭皮環境を改善するヘッドセラピーなどと合わせて、髪の毛の生えやすいライフスタイルを心がけていただきながら、発毛効果を期待できるミノキシジルを配合したロゲインなどの薬を頭皮に塗布する治療が一般的です。直接、頭皮にミノキシジルを注入する治療もあります。

育毛について

発毛に対して、育毛は頭皮に生えている髪の毛を健康に保ち、抜け毛を防ぎながら、より太く、より強い髪にする治療のことをいいます。

育毛の施術

育毛というと、薬局などで売っている育毛剤を頭皮に塗るイメージがあるかと思います。AGA治療では、患者様の頭皮環境や生活習慣を改善させていただきながら、抜け毛を誘発する男性ホルモンの働きをおさえるプロぺシアという内服薬を処方する治療などを行います。発毛治療と合わせて行うと、さらに効果的です。

植毛について

植毛では、外科手術によって、頭皮へ毛を移植する治療を行います。専門医師による、保険適用外の医療行為のひとつです。

植毛の施術

基本的には、外科手術により、後頭部や側頭部に残っている髪の毛を毛根ごと、毛の生えなくなった頭皮に植え込みます。手術後、頭皮に定着した髪の毛は、他の髪の毛と同じようにのびていくため、自然な仕上がりです。

※抜け毛や薄毛の対策には、さまざまな方法がありますが、専門的な医療機関で治療をお受けいただくことが、いちばんの近道と言えます。

関連記事

  1. ハミルトン・ノーウッド分類

  2. AGAの原因

  3. 薄毛の原因

  4. AGAの進行パターン

  5. AGAとは

  6. 毛周期

    AGAの治療期間と発毛サイクル